トップページ

塾長あいさつ

小論文講座

基礎編

書き方編

例題

塾長ブログ

添削や個別指導を
ご希望の方

【ネットで小論文講座 基礎編 もくじ】

※この「ネットで小論文講座 基礎編」は、市販の小論文の参考書によくある、5~10ページほどでササッと書かれている「小論文とは何か」という部分を徹底的にていねいに説明しながら、同時に「小論文独特の発想やルール」を理解してもらえるように書いたものです。この「基礎編」だけで、合わせてなんと、約5万字もの大巨編(笑)になってしまいましたが、みなさんの小論文を添削していて、みなさんがことごとく引っかかっている部分、ことごとく「地雷」を踏んでしまっている部分を、ていねいにもみほぐして書いてあります。ですから、小論文に自信がある!という人も、ぜひ最初からじっくり読んでみて下さい。

 

第0講 小論文が苦手なら、「樋口式」「○○式」などは一回やめて下さい

第1講 「まず字数が書けるようになろう」という優先順位もやめるべき

第2講 言葉の定義はとても重要

第3講 小論文における「読者」は怖いよ

第4講 「重要な言葉」の「重要」の基準は?

第5講 「定義」と「説明」の重要性を味わうためのケーススタディ1-「文化」を例に-

第6講 「定義」と「説明」の重要性を味わうためのケーススタディ2-「自覚」と「国際化」を例に-

第7講 具体例を「具体的」に考えることの重要性

第8講 具体例を「具体的」に考えると、自然と「自分の生きざま」にかかわる(論理の三角形もやるよ!)

第9講(最終講) 具体例は主張と一致させること

 

 

 

 

ページトップへ

©2010 白河夜船 All rights reserved.